2005年04月01日

冒険者転職クエスト発令!!

良く街で「転職クエを紹介してください!」と言う声が聞こえます。
これは、まんま他職へ転職できることが出来るアイテムを貰えるクエです。

先日書いたとおり大きく分けると冒険系、戦闘系、商人系の3系統が有る訳ですが、
自分の職以外になりたい時は、「転職クエ」が発生した「なりたい職業」の人にクエを紹介してもらう必要が有るのです。

で、その人が艦隊(PT)のリーダーになっていると受けてるクエと同じものが受けれるという手はず。
ただ、受けれるクエスト自体がランダムに5つまでしか表示されないので、やりたいからと言って出るものでもないです。
続きを読む
posted by きゃす at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

冒険家であれ

大航海時代の職業というのは
冒険、交易、戦闘の3系統に分かれてます。
更に派生していき、ゆくゆくは500以上になるとか。
(現在は30位が導入済)
各職業で優遇されるスキルと言うものがあり、スキルのランクアップポイントが通常のものの半分なので、各職業の色が出てくるわけですね。
(lvlにより覚えられるスキル総数が変わってきます)

とは言え、数種を除いてどの職業でもスキルをマスターできるので冒険系の戦闘職という事も可能です。
元々冒険家が戦闘や戦闘系スキルを行うと戦闘のlvlが上がっていきますので、意識しないと勝手に他職のlvlも上がります。
ただし、他職の経験値は本職のそれの半分しか上がらないので、マルチ職を目指すとそれなりに大変だと思います。
しかし、転職証明書というクエで貰えるアイテムがあれば他職へ変更することも可能。

と、ざっと大航海時代の職業の説明をしましたが、あたしの現職は発掘家です。
正直細かい職業差というものは感じられませんが、持ってるスキルとかでクエストの発生条件とかが変わるのかもしれません。

で、冒険系職業の大きなポイントは、学術スキルが優遇されるものが多いこと。
これがあると書庫でその本を閲覧し地図をゲットしてお宝や遺跡等を発見できるのです。
実際その地図を使うとポイントの方向が出るのでそれにしたがって移動して調べるだけなんですけどね^^;

そこで今日は、各地の書庫でちまちま貯めた地図の元へ赴くことに。

時にはとある町の教会で
032705 080703.JPG

     時には砂漠のオアシスで
     032705 082118.JPG
(ここはなんとなく掘ってみましたw)


時には変装し敵対国に潜入し
032705 083846.JPG

     時には沈没船を探し
     032705 042919.JPG


またある時は立ち寄った町でセッション♪
032705 064817.JPG
(残念ながらこれはNPCです。。)

     そして初の遺跡を見つけちゃったり!
     032705 104721.JPG


いや〜新しいものを発見できた時はうれしいですね(*^-^*)
これぞ冒険家の醍醐味♪
5万D使っても地図出なくたって、とくにアイテムが貰えなくたって、あたしの冒険心がある限り。

でも高価なものや使えるものも見つけたいな。。。
posted by きゃす at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

イングランド第9章〜

今回は前面ネタバレですΣ(・−・;)

前までの話で自分の意思では無いにせよネーデルランドの船を沈め
落ち込むライザに変わり積載物を調べあげた訳だが
お供のゴードンにそれを買い集めに行くのを手伝ってくれと頼まれる。
上陸許可証が出るまで時間が掛かるので、また来てくれとの事

ここまでが前回までのお話。

9章:物資調達
ロンドンより功績を称えていただけると言う事で王宮へ向かうと称号「郷士」を頂きました。
ついでにライザの家に向かってみるとイベント発生。
出航しようと思うとまた王宮からお呼び出しが。
さらに「准八等勲爵士」の爵位を頂く。

032705 040451.JPG

早速、東地中海の街アレクサンドリアをめざす。
2階級特進で一度にくれよ( TдT)
しかし誰も相手してくれない。
ゴードンがヴェネツィアの交易所で商人から話を聞こうというので行ってみる。
エーゲ海北上は向かい風だから面倒なのよね。。。
理由は簡単。ゴードンの服がその国の物で無かったのが原因。

続きを読む
posted by きゃす at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

言葉通じねーよ!inチュニス

貯めていた地図を裁きに、今日は宝探し♪
地図には色々あり、宝の地図だったり、遺跡の地図だったり様々です。
地図を得るためには書庫で読書をするのですが、閲覧料に500D必要です。
で、そうそう出る物で無く、30k使っても出ないことも。。。
学者儲け過ぎ!!

閲覧するときに財宝だとか考古学だとか、自分の覚えているスキルの本を読むわけですが、
実際その地図で何が出るかは、調べてからのお楽しみです。

そんな訳でジェノヴァにカルヴィの地図片付けて、残すは「チュニスモスク」
チュニスモスクってどこぞや?
と思ったけど、チュニスって国のモスクかしら?
早速チュニスへ渡る。

チュニス

ってかココ敵国なので入れないって言われますよ。。。
そう言えばここで変装度の高い服装すればいいのか。
そして乗り込んでみると。。。言葉通じませんよ。。。
周りにいるPCに聞いてみるとアラビア語だとか。
まぁ今日はモスク調べるだけだからまぁいいか。

032505 020153.JPG

ってな訳でモスク(他の国で言う教会)へ入り無事コンプ。
いや、なんだね。。冒険者って、財宝荒らしのような気がしてきた(゜▽゜;)
posted by きゃす at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

しばしの別れ

最近共に行動したり、おしゃべりしたり、
お互いの情報を交換し合っていたakiが、
3週間程仕事の都合で入れなくなるとの事。
なんでもこの春から勤めるトコの研修だとか。
改めて春だなぁと思ってみたり^^

新しい環境で色々慣れ無い事もあるだろうけど
しっかり頑張ってくだされ。

で、暫く入れ無いと言うこともありクエをする事に。

032505 005211.JPG

とは言え、それなりに遅い時間なので手軽なものをチョイス。
なんでも「砲弾を集めてる不穏な動きがあるので調べてくれ」という依頼。
情報を集めていると、それはガリレオ・ガリレイという人らしい。
(大航海時代は、こういう史実がクエになってます)
そして、確認する為に一路ピサへ!

初めていくピサなんですが、ピサの斜塔はちゃんと斜めでした♪
斜塔
posted by きゃす at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

アフリカ探検隊

「お前に依頼が来てるぞ。今度はアフリカの探索だ。ワクワクするだろ?」
仲介人からそんな事を告げられる。
あい!ワクワクします(≧▽≦)b
(ホントは前から出てた依頼ですがね。。)

てな事で各地で情報を得つつアフリカのアルギンを目指す。
と、思ったらakiが入ってきて「一緒にクエやろう」ってなもんだから同行する事に。
途中交易品を見るたびに○○98%(市場相場)と教えてくれる。
やっぱ餅は餅屋ですな。
これは会計スキルと言うもので商人系のスキルなのです。
冒険者で覚えるには、あたしはまだまだ商人スキル低いし、なにより最大習得数の関係でちと覚えられそうにないな。

途中危険海域(PK上等なエリア)をドキドキしながら進み、なんとか無事に目的のアルギンへ到着!

アフリカ上陸
続きを読む
posted by きゃす at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

イングランド第8章再び

プリマス沖で待ち構える傭兵達には、まだソロでは不可能と言う事を感じ
思い切って艦隊を募る事にしました。

いや、別に急いで進める事もないんだけど、
あいつら目障りだし、まだまともな艦隊集めた事もないしね。
ってな訳で募集シャウトをしてみる。
取り合えず1人の冒険者さんからの希望が。
2人じゃ心許無いという事になり、暫く希望者を待っていると軍人さんからお返事が。

いざお会いして開口一番「眼帯にエプロン!」
い、いやね。。あたしも悩んだのさ。。でもエプロンかわいかったし。。保管スキル+1だし。。(゜−Å)
戦闘用衣装に着替えていざ出陣!

032105 123314.JPG
続きを読む
posted by きゃす at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

イングランドイベント第8章

大航海時代ではFFXIのミッションのような位置付けでイベントがあります。
どうもコチラも所属国別にお話が進んでいくようです。
あたしの進捗状況はと言うと只今第8章。
所属はイングランドなので、その話が続いて言ってます。

以下若干ネタばれ

ロンドンから始まる第8章ですが、相変わらずライザ様に振り回されつつ舞台はアムステルダムへ。
アムスにて書類を頂戴し再びロンドンへ戻るわけですが。
ジャジャーンとばかりに悪役登場!
戦闘キャラックと戦闘キャラベルの登場です。
そそくさとスルーしてロンドンに戻るも何も起こらない。。。
やっぱあれを倒せって事ですね('〜')

031905 235816.JPG続きを読む
posted by きゃす at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

上陸!ビスキー湾岸の巻

前から地図を持っていながら手が付けられなかったもの。
「ビスキー湾南岸あたりにある冒険者のなんたら(失念)」
ビスキー湾南岸の位置は判るので海岸線を視察するもなにも見つからず。。。

と、そんな時akiから情報を得る。
「アフリカ(だったかな?)のとある場所に上陸したぞ〜」
なんでも白くなってる辺りをクリックしたら上陸できたとの事。

これか〜〜!?
思えばビスキー湾岸でも林になっているところが有ったので怪しいなとは思ってたんだよね〜。
お馬鹿なので「クリック」するなどと頭が回らず。。。

031105 011624.JPG
(SSは以前のフィールドの物だったりします^^;)続きを読む
posted by きゃす at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

大航海時代正式サービス開始!

3/16ついに大航海時代正式サービスが始まりました。
初めはやる気も無かったものの、折角無料で出来るならやってみようと思ったのが運のつき
課金後もしっかり続ける事と相成りました(゜▽゜;)

取り合えずプレオープンでやってきて良いなと感じた事。

・ソロでの活動が出来る。
・短い時間でも楽しめる。
・世界史や地理は苦手なものの楽しめる(興味も湧く)。
・スキル依存なので自分の好きな育て方が出来る。

とりあえず良いなと思う点を上げて見ました。
勿論まだ始めたてなので判らないことも多いし、上記の点がずっと楽しめるかはなんとも言えません。
ちゃんと続けたMMOはFF位なので、それとの比較ってのも有るかも。
FFのlvl上げが嫌いで22時過ぎ位にログインするあたしにはゲームをするということに関してはこちらの方があっているようです。

あと、FFとの決定的な違いが友達と遊べやすい事。
さすがに軍事系でlvlが離れすぎると色んな面で差が無いほうがいいかもだけど。
メインがlvl上げの狩りゲーなFFは、どうしても同じ時間に入れ無いと一緒に遊ぶこともままならなく。。。
友達と話すにせよtellやLSでの会話な毎日(それぞれの時間の関係もあるし)。
まぁやりようによってはしょっちゅう友達と遊ぶ事もできるのも事実だし、lvlも75まで上げちゃうとそれもやりやすいんだろうけどね。
なんにせよ何するでも時間が掛かる事によって友達が別なPT入ってると声掛けるのも控えちゃう始末。

まぁ大航海時代でもカナリ離れた所に居たら「今から遊ぼう」って事にもなりにくいんだろうけど(移動魔法などありませんしw)
でも毎日のようにlvl上げPTで拘束されることも少なそうだし。結構気軽に一緒に遊べそうかなと思ってます。
あと街に活気があるかな。
競売やモグハなんて便利なものがないので売買のシャウトや会話が聞こえてきます。
ここはFFの便利さの変わりに失ったMMOらしさなんじゃないかな。

などとFFの悪い点を上げてしまいましたが、長年好きで済んでいるヴァナの良さは判っているつもりです。
だから二足の草鞋という事を時間があまってるわけでも無いのにやろうとしてるのですがね。

まだ始まったばかりの大航海時代。
どこまで楽しんで続けるか判りませんが、取り合えず今一番自分に合ってそうなので、思いっきり大海原で遊びたいと思います^^

PS
ゲームシステム自体はマギノビも楽しそうなのですが、ちょと絵がなぁと思ったり。。続きを読む
posted by きゃす at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大航海日誌(第十四日目)

ふとロンドンにやる事を残していたのを思い出したので、一旦戻る事にした。
ただ戻るのもなんなので、ついでの依頼は無いかとギルドへ寄ってみる。

受けた依頼はファロの南西の岬を調べるものだ。
仕事としては簡単だ。
が、大きな勘違いをしていた。
ファロとオポルトの位置を勘違いしていたのだ。
いまだに方向音痴は治っていない。。

仕事を済ませ、ふりだしへもどる。
どうせついでなのでリスボン内で済む依頼を2つ3つ済ませる。
結局ロンドンへの帰路の途中に片付けられる依頼は無いようだ。
とりあえずヒホン辺りの地図を手に入れたのでそれをこなして帰ろうと思う。

改めて今までの航海を振り返る。
我ながら楽しい航海だったと思う。
他の航海者に助けてもらったり助けたり。時には海賊に沈められたりもした。
何気なく立ち寄った街で大掛かりなバザーをしていて商人達と共に歌ったり情報を仕入れたこともあった。
一人で過ごすことも多いのだが、何かと他人とのふれあいもある。
さらには古くからの友人と艦隊を組めたのも喜ばしかった。
一人での冒険とは違う楽しみである。

この日誌で大航海時代の生活振りの入り口を書き記してきたつもりだ。
もしもこれを見て、私の過ごす大海原への興味が沸いていただけたら幸いだ。
もっと知りたいと思ったら他の航海者の日誌も見ていただきたい。
それぞれがそれぞれの楽しみ方で過ごしているのが判っていただけると思う。

それなりに航海が出来るようになったものの、まだまだひよっこな私だが
これからいくつもの航海を通じ、さまざまな人との出会い、苦難、冒険が待っていることだろう。
本当の航海は今始まったばかりだから。
von voyage
posted by きゃす at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

大航海日誌(第十三日目)

先日同様仲間と艦隊を組む。
依頼を見てみるとジェノヴァで調べ物をするというものが有ったので引き受けた。

いまだイタリア語は習得してないものの、akiが話せるので通訳してもらうことにした。
もう一人のリマはまだ始めたばかりなので初めての土地らしい。
まぁ私も先日一回言っただけなのだが。

途中ホームシックなどになりながらも順調に進む。
ジェノヴァ手前で補給に入ったのだが、そこで問題が起きた。
掛けだし冒険者のリマは入国許可が得られなかったのだ。
取り合えず補給をすます。
リマには悪いが後僅かなのでジェノヴァへ行く事に。

続きを読む
posted by きゃす at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

大航海日誌(第十二日目)

古い友人がリスボンで商人になったと言う知らせを聞く。
彼は掛けだしながら新しい船を注文していた。
再会の為にリスボンへ向うことにする。
丁度リスボン航路を確認する依頼が有ったので受ける事にした。

途中3つ買い寄航したものの、海賊達もシカトしたので思ったより早く着いた。
リスボンの港で再会を果たす。
そこで釣りをしつつもう一人の友人を待つ。
こちらはたった今この世界に飛び込んでくるらしい。

3人の再会を祝うために酒場へ向かった。
酒を振舞い音楽を奏でおしゃべりをした。

031505 012632.JPG


折角なので3人で海へ出る事にした。
ちょっとしたお使いなのだが、まともな艦隊を組むのは始めてだった。

3人の艦隊

やはり知り合いに会うのは楽しい。
是非また共に冒険し、酒を飲みたいものだ。
再会を祈りつつ眠りにつくことにした。

3人でのクエ
posted by きゃす at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大航海日誌(第十一日目)

リスボンの真西にアゾレス諸島という群島があると言う。
今回の依頼はその位置を確認する事。

とりあえず20日の物資を積みリスボンを出る。
出航後10日経ってみても、一向に島は現れなかった。
一時帰港する事にした。

時に今大海戦の真っ盛りだ。
何でもイスパニアがカサブランカ侵攻の為ポルトガルと国を挙げての戦いが繰り広げられているらしい。
イングランド籍の私には関係無いが、いずれイングランドがどこかと戦を起こすかもしれない。
その時母国の力になり得る事ができるだろうか。
そんな事を思いつつごった返す海原を横切った

大海戦

続きを読む
posted by きゃす at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

大航海日誌(第十日目)

無事ジブラルダル海峡へ入り、ライザ様と共に一仕事する。
さすがは海軍である。
本当に私の手伝いが要ったのであろうか?
ライザ様はロンドンへ戻られるとの事だが、
初めての地中海なので探索をしたいところである。
リスボンで会った大砲職人から「ジェノバにリュートが売っている」という情報もあるし。

地中海沿岸は町が多い。
大小様々だが、かなり大きな街もいくつか。
イングランド界隈は田舎に思えてきた。

途中気に入った服を見つけたので購入する。
今まで正装度の有る服を持って居なかったのでほっとした。

031305 020145.JPG

続きを読む
posted by きゃす at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

大航海日誌(第九日目)

ライザ様を追ってジブラルダルを目指す。
ボルドーの先へは始めてだ。
いや、一度行った事はあるものの言葉が通じずに戻ってきた事はあった。
今度は初めからポルトガル語とイタリア語を学ぶ事にした。

語学もスキルの一種なので覚えられる最大数に限りがある。
運良く2枠空いていたのだが、どうしても必要なものが出てきたら何かを忘れなくてはいけない。

そうそう、スキルと言えば釣った魚を加工するのに保管スキルを覚えた。
魚を加工する事で素で売るより魚肉にしたほうが高く買い取ってくれる。
(釣り好きなので冒険には関係ないものの前から取っていたのだ)
しかし保管を覚えるためには調理スキルが必要なため、保管を覚えるために2枠使ってしまった。。
おかげで小麦を見つければ粉ひく毎日である。

途中港へ立ち寄ると通訳を求めている航海者が居た。
どうやら言葉が解かるものと組んで近くに居れば通訳されるらしい。
通訳してあげたものの目的の交易品はなかったようだ。
先ほど立ち寄ったところに有った気がしたので伝えると
彼はお礼にと1万Dを私によこした。

もちろん金目当てで通訳したわけではないが、どうしてもと言われては断るわけにも行かない。
有り難く頂戴する事にする。
通訳業という職業もできそうだな。。

031305 011957.JPG

まだ未踏の地に寄りつつ旅を進める。
途中リスボンにも寄った。
なんとも大きな街である。
丁度航海者達がフリーマーケットを開催していたようで、特に人が多かったのかもしれない。
あと1時間で終わると言っていたので本当にラッキーだった。

残念ながら私が欲しいものは見つからなかったが、賑やかでとても良い感じだった。
少しなれどおしゃべりもし、ゴザの座り方まで教えていただいた。
(バザールを出して座れば良いだけだったらしい。。。)
更には憧れの楽器演奏までさせていただいた。
危うく返し忘れてこの街を出るとこではあったが。

なにやらジェノバの街にリュートが売っているらしい。
今回の仕事が終わったら足を伸ばしてみる事にしよう。
posted by きゃす at 15:10| Comment(4) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大航海日誌(第八日目)

冒険者の営みとしてはギルドの依頼の他に宝探しなどの発見がある。
宝探しをするには書庫で閲覧料500Dを払い、本を読む事によって運が良ければ地図が手に入る。

数枚手に入れた中の1枚にダブリンの財宝の地図が有ったので行ってみる事にする。
街の外へ出ると緑が広がる。
先へ進むと怪しい人影があった。。
どうやら敵対している「ならず者」なようだ。

陸上戦闘の経験のない私にとっては未知な相手である。
目を進んで行ってみるも見つかってしまい2対1のまずい状況に。
あえなくわずかの現金と服を剥ぎ取られてしまった。

031105 011847.JPG

改めて挑むも、どうも力不足。
もはや撤退かと思ったときに手を差し伸べてくれる冒険者が居た。
私に比べずいぶん手馴れているようだ。
早々に片付けお礼を言うと、
「これ持っておきな」と薬と松明を渡された。
薬は体力回復、松明は投げつけると相手に大きなダメージを与えるとの事。

その他にも逃走用の煙球、投擲武器の投げナイフなど、さまざまなアイテムがあるらしい。
何も考えずに外へ出てしまった私は冒険者とは言えないな。
と反省しつつもご教授いただいたこの冒険者に感謝。

031105 012631.JPG

お陰で無事宝物を得る事ができた。
ちなみに発掘(発見)するためにいくらかの知識(スキル)が必要で、
その必要物はそれぞれの地図に記載されている。

中にはかなり高価なものもあるようだが、私にはまだ無理のようである。。。
posted by きゃす at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

大航海日誌(第七日目)

ライザ様とロンドンに戻ったわけだがなにやらあちらはあちらで問題が起こったようで。。。
お陰と言ってはなんだが今の私では到底入れない王宮に入る事となった。

王宮

特にお役にはたてそうにないので、オスロより持ち帰った木材を裁きに街へ行く。
私は冒険者なのだがやはり先立つものは必要なわけで。。
通常の依頼以外に、街々へ立ち寄った際は交易商の元へ行き、
そこで安そうな物を買って他の地で売りさばいている。

その際職人達が生産アイテムの買い取りしてくれるので、アイテムを横流しする。
物にも寄るのだが、これがなかなか良い稼ぎとなる。
相場は生き物なので、その時々で儲けも変わってくる。

続きを読む
posted by きゃす at 23:41| Comment(2) | TrackBack(1) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

大航海日誌(第六日目)

ロンドンへ戻るとロンドンの出航所役人から依頼を受ける。
北海で操舵不能に陥ったとみられる商船の捜索に協力してほしいとの事。

なんでも女王様も気に掛かっているらしい。
まずはオスロ向かう。
オスロにはいつも買い取りの声が響いている木材が売っているので、ついでに買って帰る事にしよう。

オスロで救援物資を受け取りいざ捜索に向かう。
コペンハーゲンへの航路には複数の海賊船もいるので気を付けなければ。
暫く進むと依頼の商船らしき船を発見した。
一目散に向かっていくと、気づかないうちに海賊が右舷に付けていた。
ここで襲われて沈むなんて「ミイラ取りがミイラになる」のまんまである。
旗艦に一撃お見舞いしさっさと逃げる事にした。

030905 034456.JPG
続きを読む
posted by きゃす at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

大航海日誌(第五日目)

いくつものオファーをこなし、ふと振り返ってみる。
発見物は報告するようになっているのだが、クエスト以外の物は報告していなかった。
そういえば待ちの名士へ報告するように言われていた気もする。

とりあえず行きつけの酒場へ行ってみる。
(海の男(女)は何かに付け酒場に行くものだと教わっている。)
看板娘にいっぱい奢ると
「そんなカッコじゃ偉い人に会えないよ。」
そう。いまだに駆け出しからの格好をしているのだ。
そういえば偉そうな人の所に行くと相手にされないのはそのせいだったのか。

看板娘

ほろ酔いのまま、取りあえず上着と帽子をあつらえてみる。
今まで来ていた物にはなかったのだが、町で売っている服飾品には正装度というものがあるようだ。
この正装度が高くないとお偉いさんは相手にしてくれないらしい。

正装

続きを読む
posted by きゃす at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | (GAME)Uncharted Waters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする