2005年04月15日

DDoS攻撃

あたしが留守にしてる間に。ヴァナが攻撃されていたとはΣ(・−・;)
(POLの他のコンテンツもという話も聞きましたが)
先日の日記に書いてたように映画に行ってたり、花見に行ってたりであまりネットにも繋いでいなかった訳ですがね。

なんでもPOLは9日辺りから調子が悪かったようで。
ヴァナ内でも話題になってたりしてたのかな?
原因が公式のお知らせに載ってたわけですが、第三者からの攻撃との事です。

その攻撃と言うのが「DDoS攻撃」。
ではDDoS攻撃とはなぁに?って事であたしなりに解説して見たり。

基本的にはサーバーに負荷を掛けて機能をさせなくしちゃう攻撃です。
「DoS攻撃」の一種です。
まずこの方法を掻い摘んで説明すると
意味も無くサーバーにリクエストを繰り返してんてこ舞いにさせる。
と言うものです。

大型verupの日なんか、繋がらないとか、やたら遅いという経験をした事が有る人も多いと思います。
ご存知の通りただでさえ時間の掛かるverupに加え一度に大勢がダウンロードしているからそうなるのですね。
要するにサーバーが処理しきれなくなるわけです。

それを意図的に起こそうと言うのがDoS攻撃です。
「F5爆弾」と言われるのもDOS攻撃で、IEなどのブラウザーでF5キーを押してリロードする訳です。
たかが1人でやってもたいした問題にもならないのですが、これを多数で同時にするとwebサーバーはてんてこ舞い。
丁度FFのサーバーが落ちて、情報を得るために公式を一斉に見るものだから、処理しきれない上体に似てます。

さて、それではDDoSてなんだ?って事ですが。
DoSの頭にDが足されてるのでなんか強そうでしょw
これはDoS攻撃を発展させて
セキュリティ的に脆弱なサイトにDoS攻撃用のツールを忍び込ませておき、これら第三者のサイトを使って、複数の攻撃元から、標的となるコンピュータに対してDoS攻撃を加える。
@ITより転載。

脆弱は「ぜいじゃく」と読みます。日常生活ではwindowsなんかのアップデート位しかお目にかからない難しい表現です。
意味は字の通りもろくて弱い事らしいです。
実は日常生活でも使えそうですねw

ようは、その脆くて弱いどっかのマシンを見つけて、そこにPOLに対して無駄にアクセスするプログラム(ウィルスのたぐい)を忍び込ませると言うもの。

勿論そのマシンの所有者は意図してやっているわけではないものの、既知の脆弱性を潰しておかなかった。とか、不要にポート(通信経路)を開いていたという責任が無くはないですね。

このように知らぬ間に加害者になら無いように、個人のPCでもセキュリティーソフトは必需じゃないかとあたしは思います。

今回の件、スクエアエニクスでは公式発表に出して居るように「第三者」と表現をしています。
先に述べたように攻撃元が特定できないので「なにものか」としか言えないのが現状です。

そういえば最近反日ブームなようで。。。
以前靖国神社も攻撃受けたっけな。。。
そういや去年の年初に某ソナタの国が2ちゃんねるにDOS攻撃し掛けてきたんだっけ。。。
なんでも某3000年の歴史な国って最近インフラ化が進んでて、反日デモするのにネットで集めたとか。。。

いや、証拠も無いのに前例なんかで決め付けるのはいけないんですけどね。。。
非常にタイムリーで両国とも攻撃しうるパワーを持ってるようなものでつい。。。

もしそうだとすると、政治問題の矛先をPOLなどに向けると言うのがキニクワナイ。
もちろんその国民を許せないなどと言う馬鹿なことは思わないんだけどね。
こういうのって一般の人もなんとなくで参加できるのが怖いなぁと思った次第。
posted by きゃす at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | (FFXI)Vana'dial Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: DoS攻撃DoS攻撃(ディーオーエスこうげき、ドスこうげき、Denial of Service attack)とは、サーバなどのコンピュータ・ネットワーク|ネットワークを構成する機器に対して攻撃を行い..
Weblog: セキュリティ技術・知識図鑑
Tracked: 2007-11-17 11:42